シロネってチーズこんなに美味しいんだ!

偶然であった、シロネってチーズが美味し過ぎる!!

とにかく美味しいです。出会ったら即買いオススメです!

しかし、

チーズ好き子
  • どこで買えるの?
  • どこの国のチーズ?聞いた事ない。
  • クセ強くないか心配…
  • どうやって食べればいいの?

そうですよね…知らないチーズってどうやって食べればいいか分からない!!

難しいですよね。

今回は、そんな『シロネ初心者の方』にチーズプロフェッショナルYURIが美味しさをご紹介させて頂きます。

シロネどんなチーズ?食べ方はどうしたら良い?

さて、シロネとはどんなチーズなのでしょうか?

味わいや食べ方なども一緒に見ていきましょう。

シロネとは?

牛乳製スイス産ハードタイプのチーズです。

生産地の近くにある、シュロスベルグという古いお城から名付けられたそうです。

造り方のレシピは、代々受け継がれている伝統製法!!

しかも、全て手作業で愛情たっぷりの大型チーズ

熟成期間は6ヶ月~17ヶ月と若めと長めの2タイプ楽しめる。

シロネのまとめ
  • スイス産ハードタイプのチーズ
  • 牛乳製でクセがない。
  • 名前の由来は、シュロスベルグ城
  • 伝統的な製法で造られている
  • 熟成期間は最低6ヶ月~最長17ヶ月
  • ホールだとひとつ30kg。特大チーズ

面白そうな、美味しそうなチーズですよね。

では、どんな味わいなのでしょうか?

.

シロネの味わい

今回食べたのは、16ヶ月熟成のもでした。

色合いは、アイボリー。

味わいは旨味がギューーっと詰まった。濃厚系チーズ。

コンテやパルミジャーノ・レッジャーノを食べた事がある方は

この2つを合わせて割ったイメージって言うと分かりやすいかな。

テイスティングコメント

ミルクの濃厚さ・熟成したことによって出来た複雑な味わい

ナッツのような香りも感じられ

アミノ酸のジャリジャリ感とホロっと崩れる感じ

もう、美味しすぎる!!

そして、食べた後の余韻が凄く長い。

一言で言うと

【旨味と複雑さがギュッと詰まった濃厚チーズ】

美味しすぎます。しかも、意外に安い!!

コンテやパルミジャーノ・レッジャーノより知名度が低いからか

こんなに美味しいのに、コストパフォーマンスが良い。

今回は、チーズ王国で買いました。

通販だと200gからしか買えないみたいだけど、お店では100g以下のもあったよ。

シロネの食べ方は?合う食材は?

薄すぎるともったいない!!せっかくの美味しさがどこに…

5ミリくらいの分厚さが調度いいです。

でも、贅沢に《かち割り》で食べても美味しいですね。

⇩これでかち割ると美味しいです。

今回合わせたのは調味料

【エクストラ・ヴァージン・オリーブオイル】

青さが残るオリーブオイルが、濃厚なシロネをあっさりさせてくれます。

〆に少しオリーブオイルをかけるのがオススメ。

口の中をさっぱりさせてくれますよ!

シロネに合うワイン

やっぱりスイスワイン。

ですが…そんなに気軽に買えないので。

フランスの安めブルゴーニュ・シャルドネ辺りが良いですね。

旨味の詰まったシロネに、程良い酸味のブルゴーニュ・シャルドネが相性抜群です。

⇩スイスワイン楽天では取り扱ってました。スイス産チーズに合わせたら最高ですね!

シロネが造られるスイスチーズ他にどんなものが有名?

チーズと言えばフランスってイメージが強いですよね?

実は、スイスチーズって皆さんが何気なく食べてるチーズ多いんですよ?!

まずは、シロネの生産地でもあるスイス産チーズの有名所も簡単にご説明していきますね。

ラクレット

最近よくレストランで見かけますよね。

食べ方は、基本的にそのまま食べるより

火で炙ってチーズを溶かして、パンやジャガイモやお肉などにトロっとかけます。

皮付きのジャガイモにチーズをかけて一緒に食べるのが伝統的な食べ方です。

美味しいですよね。

ラクレット用のフライパンやグリルプレートもあるんですよ。

スイス人の家には一家に一台あるそうです!

⇩ラクレット用グリルプレート。他のチーズにも使えるので、あると便利ですよ。

エメンタールチーズ

アニメでチーズを表すとき、穴あきのチーズが出てくると思います。

実は、それはエメンタールを元にしているんですよ。

知ってましたか?なんか親近感わきますよね。

食べ方は、サンドイッチに挟んでそのまま食べても美味しいです。

冬場はチーズフォンデュのチーズとして使われる事が多いですね!

本格的なチーズフォンデュをしたい方は、ぜひエメンタールを使ってみて下さい。

この記事もオススメ⇩エメンタールチーズを美味しく食べる方法満載

エメンタールチーズの味わいと美味しさをチーズプロフェッショナルが徹底解説

2019年11月27日

テット・ド・モワンヌ

花びらチーズと言われている削って食べるチーズです。

【ジロール】という専用の機会を使って、クルクルとハンドルを回しながら削ります。

この削った形が花びらみたいでカワイイです。

味わいは、風味豊かで美味しいですよ。

もっとテット・ド・モワンヌについて詳しくは知りたい方は

こちら⇩を読んでね。

スイス産のカワイイ花びらチーズ【テット・ド・モワンヌ】を食べてみよう。

2019年5月13日

シロネというチーズに再会出来て良かった

チーズって欲しい時に売ってなかったり、いらない時にたくさん売ってたり…

食べたいタイミングで出会えるチーズって本当に少ないんです。

でも、今回シロネに偶然再会して

もう一度食べる事が出来て良かったです。

前に食べた時は、もうリピートしないなと思ってました。

しかし、再会して美味しさに気付き

むしろハマりました!!

皆さんも出会えた時がチャンスと思って、探してみて下さい。

こちらは⇩始めてシロネに出会った時の記事です。

良かったら読んで下さい。

美味しいチーズを買いに『チーズ王国』へ行ってきたの巻

2019年3月4日