野外イベント・BBQやキャンプに!失敗しない外飲みシャンパン&スパークリングワインってどんなもの??

こんにちは、ソムリエールYURIです。

今回は、野外で楽しめるイベント事バーベキューやキャンプに持って行くのにオススメのスパークリングワインをご紹介します。

夏場のBBQやキャンプにスパークリングワインってあり??

夏ってバーベキューやキャンプや花火など外で遊べるイベントが多いですよね?そして、外でお酒を飲む機会も増えますよね★

ワイン大好きソムリエールYURIは、『やっぱり外でも美味しくワインが飲みたい!!!』

しかし、外飲みでグラスなんて持って行けないし…温度管理も出来ないだろうし…熱劣化してしまうのじゃないか…てか、そもそもワインじゃなくてもビールでよくない?…などなど…

もちろん、ビールでも良いと思います!!!が…ワインも飲みたい!(笑)

ソムリエールYURI
でも、そもそもワインを外で飲んで美味しいのか?

私もそこについては、まだまだ追求中ですが…泡だしスパークリングワインならありですよね?!

という事で、外で飲んで美味しいシャンパンやスパークリングワインのオススメをご紹介します!

.

どんなスパークリングワインを持って行くと失敗しないのか?

ソムリエールYURIが独自の調査と経験上考え出した、5つの条件を発表します。

外で飲んでも失敗しないスパークリングワインの⑤つの条件
  1. 温度が上がっても美味しいもの&冷えすぎてても美味しいもの
  2. フルーティーな甘みを持っているもの(ちょっと甘いくらいが調度いい)
  3. 複雑な味わいとかクセとか、こだわりが強いものはダメ
  4. サクッと飲んで『美味しい!』ってなるもの
  5. 値段は高くても3,000円位まで

こんな感じです。もっと色々あるのですが…簡単にまとめるとこんな感じです。では、どうしてか見ていきましょう。

温度が上がっても美味しいもの&冷えすぎてても美味しいもの

外で飲む=絶妙な温度管理は出来ないもの

と考えてます。もちろん、クーラーボックスに氷をたくさん入れて冷やし続ければぬるいスパークリングワインを飲む事は無いです。しかし、お冷えてるからっていい訳でもないんですよね…そこがワインの難しい所。なので、どんな温度でも美味しく飲めるものが大切です!

では、【温度が上がっても美味しいもの&冷えすぎてても美味しいもの】とはどんなものなのでしょうか?

これが、②フルーティーな甘みを持っているもの(ちょっと甘いくらいが調度いい)③複雑な味わいとかクセとか、こだわりが強いものはダメに繋がってきます。

②フルーティーな甘みを持っているもの(ちょっと甘いくらいが調度いい)

渋味、苦みなどは、飲む温度で心地よく感じるか不快に感じるかが変わると思ってます。

例えば、ぬるくなったビール…激マズですよね!ぬるいっていう所ももちろんですが、そこにビールの苦みがプラスされて…もう飲んでいられない(泣)

これと同じで、スパークリングワインも渋味や苦みをあえてつけているものも多いので避ける事!コレは注意ポイントです!

では、甘みは温度によってどう変化するでしょうか?

例えば、ぬるくなったジュース…まぁ美味しくはないですが…飲めなくはないですよね?激マズとまでは行かないと思います。

なので、これと同じで。

スパークリングワインも、【キリッと爽やか!甘さゼロ!】とかのものではなく。辛口が好きな方も【ほんのりフルーティー系・甘味を少しでも感じられるスパークリングワイン】のチョイスをオススメします!

辛口好きA君
僕は、クーラーボックスに入れて冷やしながら飲むから大丈夫!だから、辛口持って行くー!

そういう方もいると思います。しかし、今度は冷やし過ぎると…スパークリングワインの味も香りもあまりしなくなるのです。もう、ただの冷えた炭酸アルコール?!って感じ。しかも、アルコールの苦みとか渋味ばかりが口に残り不味く感じることがあります。

これならスパークリングワイン飲む必要ない感じもするんですが…でも、辛口好きの外でスパークリングワインを飲みたい方は『あえていつも飲まない、少し甘口のフルーティーなスパークリングワイン』をオススメします。

すると、ただ冷えた炭酸アルコールではなく!キンキンに冷えていても、フルーティーでほんのり甘くて美味しく飲めますよ!

ぜひお試しください!

複雑な味わいとかクセとか、こだわりが強いものはダメ

これは、複雑な味わいとかクセ、こだわりって…結構な割合で苦みや渋みを多く感じられたりするんです。

これも①②でお話した続きになるのですが…絶妙な温度管理が難しい中、あえて美味しいスパークリングワインをマズく飲む必要はない!!

って事ですね。

ワインショップのワインのコメント欄に「複雑な味わい…」とか「クセがあって…」とか書いてあったら、そのスパークリングワインは外で飲むのはやめましょう。家でゆっくり飲みましょう★その方が確実に美味しく飲めます。

サクッと飲んで『美味しい!』ってなるもの

「サクッと」とは…言い方悪いんですが『雑に飲んでも美味しいスパークリングワイン』って事です!(笑)

造り手さんごめんなさい。どのワインも真剣に飲まなくてはいけないのに…でも、これ良い意味です★

例えば、紙コップでも美味しく飲めて、氷とか入れちゃっても美味しく飲めちゃう♪っていうイメージです。気取らないスパークリングワインって事です!

わざわざ、ワイングラスなんて持って行かないですよね?!!!持って行く人は、凄いですが…バーベキューとかなら普通は紙コップとかプラスチックのコップに注いで飲む感じですよね。

気取らない、気軽に飲んでも美味しいものを持って行きましょう!

値段は高くても3,000円位まで

①②③④と条件をお話してきましたが、最後はやっぱり値段のお話。

買う時、せっかくみんなで飲むし!と言って奮発する方も多いと思いますが…やめましょう。(笑)買うなら、安めなスパークリングワインの銘柄違いを2,3本買う事をオススメします★飲み比べ出来て楽しいですよ。

では、なぜ高いスパークリングワインは外飲みに向かないのか?

値段が高くなるスパークリングワイン=

  • 絶妙な温度管理・飲む温度が大切!(①の話)
  • フルーティーより大人っぽ物多いです!(②の話)
  • 複雑味あります!(③の話)
  • サクッと気軽になんてもったいなくて飲めません!!(④の話)

なので…オススメしません。せっかく高級なスパークリングワインやシャンパンを飲むなら家やレストランでクーラーの効いた場所で、ちゃんとしたグラスで飲むのが良いと思います。

※シャンパーニュ(シャンパン)は、安くてもフルボトル(750ml)だと4,000円弱くらいだと思います。せっかくのシャンパーニュを、サクッと飲むのはもったいないと思うので…外飲みには、ソムリエールYURI的にはあまりお勧めしません。だって、せっかくシャンパーニュに生まれたのにサクッと飲まれてシャンパーニュが可哀想だから…(涙)

最後に…

最近は、オシャレなキャンプ場やコテージ、バーベキュー会場も多いのでワインを飲む方も増えてきていると思います。

失敗しない、外で飲むスパークリングワインの選び方をして、ご飯もお酒も美味しく楽しみましょう。

今回は、外飲みスパークリングワインのお話をさせていただきましたが…ワインも外で飲むと美味しいですよ♪また、記事書きますね!

では、楽しい夏をワイン片手にエンジョイしましょう~♪