新婚旅行のお土産にタヒチワイン買わなきゃ損だよ!!【Vin De TAHITI ROSE NACARAT】

こんにちは、ソムリエールYURIです。

【タヒチ産のワイン】がある事を知ってますか?実は…意外に美味しいんですよ!

ソムリエールYURI
  • そもそも…タヒチでワインを造れるの?
  • えーータヒチ産ワインって本当に美味しいの?

という方も多いと思います。

そこで今回の記事は、タヒチワインって美味しいんだ!飲んでみたいなぁ。タヒチワインに興味を持ってもらえるようにソムリエの観点からお伝えできればなと思います。

さらっと読めるので、ぜひタヒチワインの魅力を読んでみて下さい。

新婚旅行のお土産で、まさかの『タヒチワイン』を頂く。

タヒチと言えば、新婚旅行やバカンスってイメージが強いですよね。

私の友人も新婚旅行に何組か行っています。

しかし、ワインをお土産にもらったのは初めてでした。

貰った時は、驚きと…「美味しいのか?!」という不安と心配が頭をよぎりました。これが本音です…(笑)

タヒチワインって聞いた事ある?

 

私は、初めてタヒチ産ワインを見ました。「タヒチってワイン造ってるんだ!」ってビックリしたくらいです。

でも、よく考えたらタヒチって島で山も森もあって自然豊かな場所ですよね。平均気温が25℃前後らしいです。

どんなワインが出来るんでしょうか?うーん、面白い!!

このワインは日本に輸入されていないと思うので…現地で飲まなきゃ、買わなきゃ!出会う事の出来ないワインですよね。ある意味幻ワインですね!

⇩日本でも買えちゃうタヒチワイン見付けたよ!

ブドウ品種はカベルネ・ソーヴィニョンだって!うーん!これも気になる…どんな味なのかな?

タヒチワインの造り手さん【Domaine Dominique Auroy】とは?

バックラベルにワインの事がフランス語で色々書いてありました。もちろん、訳せないので…Google翻訳さまにお手伝いしていただいた所。

バックラベルの日本語訳
タヒチアンワインは、夢のテロワールに対する男性の情熱と、参照のワインを生産する彼の意志から生まれました。 このブドウ園は、先祖代々のワイン造りの伝統に富み、世界でも類を見ない優れたワインを生み出し、このサンゴのテロワールで収穫されたブドウは、地所で醸造され、熟成されます。 サンゴ環礁に植えられ、環境に配慮して栽培された彼らの鮮度、フィネス、ミネラルは、タヒチアンワインの基準となるワインです。

飲んでから、この訳を読んだのですが…読んで納得のワインの味でした。

キーワードは、《サンゴ》!!これがこのワインの特徴なんです!!

あぁーバックラベル読んでからワイン飲めばよかった…今更ですがホント後悔です。なぜサンゴがポイントなのかは、味わいの所で詳しくお話しますね。

.

今回貰ったタヒチワイン【Vin De TAHITI ROSE NACARAT】ってどんな物なの?

ボトルは普通のボルドー型のワインより背が高く、ひょろっとした感じのボトルでした。ラベルはシンプルですが、可愛いですよね。

そして、今回飲んだのはロゼワインでした。

【Vin De TAHITI ROSE NACARAT】のHPを見付け、調べた所。

ブドウ品種は、ミュスカ・ダンブール(Muscat de Hambourg)白ワインのブドウ品種とカリニャン(Carignan)赤ワインのブドウ品種のブレンドでした。

ソムリエールYURI
面白いブレンド!!こりゃどんなロゼワインなんだ??!楽しみ♪

⇩ソムリエールYURIが大好きなロゼワインをご紹介中、合わせてご覧ください☆

ソムリエールYURIのおすすめ【ロゼワイン&ロゼスパークリングワイン】勝手に発表しちゃいます☆

2019年3月16日

タヒチワイン【Vin De TAHITI ROSE NACARAT】色合い・外観

↑この写真の下の方に、透明のキラキラした粒々した物があるの分かりますか?これ《酒石酸》っていうものです。ちなみに、飲んでも体に害はないです。赤ワインで言う《澱》みたいな物ですね。私は、これがあったら『美味しい白ワインに当たったな!』ってテンション上がっちゃいます。美味しい白ワインの証拠』だと思ってます。

色合いは、サーモンピンクから薄いオレンジ色の中間って感じでした。とても、澄んでいて綺麗な外観でした。トロっと感はなく、サラッとしてましたよ。

タヒチワイン【Vin De TAHITI ROSE NACARAT】香り・味わい

先程のバックラベルにも書いてあった、キーワードの《サンゴ》が感じられる味わいでした!ワイナリーの土地の大半を占める《サンゴ》から生み出される石灰質とミネラルが豊富に感じられることが出来ます。これがミネラル感かぁーって思わせるくらいミネラル感強かったです!

温度が上がり、時間が経つと開いてくるイメージ。開けたては、香りがほぼ感じられませんでした。時間が経つにつれ、ロゼなのに黒い果実味の香りが徐々に広がりました。基本的に、香りは静かめ、穏やかでした。

味わいは、温度を上げるとフルーティー。渋味と酸味が強く感じられ、イチジクやアンズなどの味わいが広がります。

甘みのあるフルーティーなロゼと言うよりは、大人っぽい深みのあるさっぱりロゼって感じでした。ワインだけで楽しむよ言うよりは食事のお供ワインって感じですね!新しいニュアンスの味わいで、美味しかったですよ。

タヒチワイン【Vin De TAHITI】が造られているワイナリーツアーあるらしい。

情報が少ないので【Vin De TAHITI】についてネットで色々調べました。でも、飲んだ感想など情報が全然情報が出てこない…(涙)

しかし、造り手さんのHPとタヒチのワイナリーツアーの情報を見付けました。ワイナリーツアー結構面白そう。タヒチと言っても、このワイナリーがあるのはランギロア島という所。タヒチへ訪れた際には行ってみたいですね。

⇩気になる方はご覧ください。

タヒチワインと出会って…

まだまだ知らない国のワインがたくさんあるんだなぁ…と思いました。

今回、初めてのブドウ品種に初めての国のワインと出会えて。とっても面白かったですプレゼントしてくれた方へは新しい出会いをさせてくれた事に感謝ですね。今度はぜひ、白ワインを飲んでみたいなと思いました。実は…白ワインの方が美味しいって噂が調べていたら出てきました!(笑)

タヒチへ旅行へ行くお酒好きの方は、ぜひ【Vin De TAHITI】探してみて飲んでみて下さい。

人生100年とか言われてるけど…あとどれだけ色々なワインを飲めるなかな?とフッと考えさせられるワインでした。

美味しいのが分かっていて飲むワインも良いけど、もっと新しいワインに皆さんもチャレンジしてみて下さい。