ルドヴィック・シャンソンの手掛けるロゼワインは、繊細で上品!飲んだ感想とおすすめご紹介

ルドヴィック・シャンソン ロゼ

ルドヴィック・シャンソンのロゼワインは、繊細で上品な味わいを楽しめる。

オーガニックの造り手でもあるルドヴィック・シャンソンは、ブドウ品種の個性を存分に楽しめるワインを多く手掛けます。

特に、「ロゼ」は繊細で華やか。

そして、余韻が長い素晴らしいワインでした。

この記事では、

  • ルドヴィック・シャンソンとは?造り手の特徴
  • 「ロゼ」を飲んだ感想
  • 合わせたチーズ
  • おすすめワイン3選

などを、ソムリエであり、チーズプロフェッショナル(チーズ資格)を持つYURIが詳しくご紹介していきます。

ルドヴィック・シャンソンの魅力に浸ってください。

\飲んだのは、こちらの「ロゼ」/

ルドヴィック・シャンソンとは、どんな造り手?

ルドヴィック・シャンソン ロゼ

ルドヴィック・シャンソンとは、どんな造り手なのでしょうか?

  • 生産地
  • 造り方
  • 生い立ち

の3つのキーワードから、ルドヴィック・シャンソンを深堀りしていきましょう。

生産地は、フランス・ロワール地方

ロワール地方 サンセールの畑

ルドヴィック・シャンソンは、ロワール地方モンルイ。

ロワール地方といえば、サンセールやプイィ・フュメ、シノン、ヴーヴレ、ロゼ・ダンジュ、ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌなどが有名ですが、モンルイという居場所でもワインは造られています。

モンルイとは、モンルイ・シュール・ロワールのこと。

ロワール地方のトゥーレーヌ地域の一角。ロワール川を挟んでヴーヴレ地区と向かい合っています。

主に、シュナン・ブランが多く生産されている白ワインで有名な産地ですよ。

主に、ビオロジックのワインを造る

テントウ虫ビオ

ビオロジックとは、フランス語でオーガニック製法で造られるワインのことを言います。

補足
ビオロジックは、フランス語
オーガニックは、英語

ルドヴィック・シャンソンは、主にビオロジック(オーガニック)製法でワインを造っています。

無農薬で造られるブドウは、土地の個性とブドウ品種の個性をしっかり味わえますよ。

生命科学を学んでいた?!

勉強する人

ルドヴィック・シャンソンは、ワインを造り始める前に、生命科学を学びBiologiste(生物学者)として働いていたそうです。

しかも、15年間も!

しかし、ワインに興味が変わりワイン造りをはじめます。

ソムリエールYURI
生物に対しての知識とワイン醸造の知識両方を兼ね備える、頭の切れる面白い造り手です。

ルドヴィック・シャンソン『ロゼ』を飲んだ感想と、合わせたチーズ

ナチュラルなワインを造る、ルドヴィック・シャンソン。

飲んだのは、こちら↓です。

  • ワイン名:ロゼ
  • 造り手:ルドヴィック・シャンソン
  • ヴィンテージ:2018年
  • ブドウ品種:ガメイ100%

複数のナチュラルチーズとも、マリアージュを楽しんでみましたよ。

味わいの感想と、チーズの相性などをご紹介していきます。

ルドヴィック・シャンソン「ロゼ」の味わい

ルドヴィック・シャンソン ロゼ
テイスティングコメント
  • 色合いは、アセロラジュースをイメージするくらいキレイな透明度の高いピンク色。
  • ライムやレモンのような爽やかな香りの中に、ほんのりと赤い実、ベリー系の甘酸っぱい香りを感じます。
  • ガメイ特有の出来たてのイチゴジャムや、クランベリーなどの風味と、柑橘系のさっぱりした味わい。
  • かすかに感じるハチミツのような風味、バランスが最高でおいしいです。

白ワイン用のブドウをメインで造っているルドヴィック・シャンソン。

その中でも、ガメイ100%で造るロゼワインは絶品です。

ガメイ=甘めのワインと思っているかともいると思いますが、爽やかでフルーティーな味わいが病みつきになります。

ちなみに、3日目で更に開花しました。

口当たりは、ややトロッとしたとろみもあり、余韻が長く絶品。

やや冷えてるくらいがちょうどよく飲めましたよ。

ソムリエールYURI
疲れた体を癒やしてくれる、染み渡る〜ロゼワインです。

次のヴィンテージが出たら、絶対買いたいと思えるコスパ含めリピート買いしたいワイン!!

\これは旨い!染み渡るロゼ/

ルドヴィック・シャンソン「ロゼ」と、合わせたチーズは?

ルドヴィック・シャンソン ロゼ チーズ

合わせたナチュラルチーズは、

  • サント・モール・ド・トゥーレーヌ
  • サントモール・ブラン
  • 茂喜登牛(国産・ウォッシュタイプ)

の3種類です。

家にあったナチュラルチーズを合わせたのですが、合う合わないが極端に別れました。

サント・モール・ド・トゥーレーヌは、全くと良いほど合いませんでした!

山羊乳のクセと香りが、強く出てしまい…ワインを殺していました。

サントモール・ブランは、合いました。

サント・モール・ド・トゥーレーヌと同じく、山羊乳製のチーズですがフレッシュタイプなのでさっぱりとした酸味と、ミルクの甘味と口どけの良さで合わせやすかったです。

最後に、茂喜登牛。

これは、北海道産の国産のウォッシュタイプのチーズです。

茂喜登牛が意外にも、めちゃくちゃ相性が良かったんです!

香ばしさとミルクの甘味、余韻の長さが、ロゼワインと合わせることでさらに美味しくなりました。

特に、ミルクの甘味が強く感じられて最高でした。

茂喜登牛のことを詳しく知りたい方は、↓こちらの記事をご覧下さいね。

しあわせチーズ工房の「茂喜登牛」はどんなチーズ?合わせたワインもご紹介

しあわせチーズ工房「茂喜登牛」

しあわせチーズ工房の「茂喜登牛」はどんなチーズ?合わせたワインもご紹介

2021年3月25日
チーズ名 ルドヴィック・シャンソン「ロゼ」との相性
サント・モール・ド・トゥーレーヌ
サントモール・ブラン
茂喜登牛

ルドヴィック・シャンソンが手掛ける、おすすめワイン3選

ロワールのワイン

ルドヴィック・シャンソンは、主に白ワイン用のブドウを造っています。

ここで、ルドヴィック・シャンソンが手掛けるおすすめのワインをご紹介していきますね。

ソムリエールYURI
白ワインもいいけど、やはり私はロゼが好きだな。

バランスの取れた白ワイン「レ・ペシェ」

シュナン・ブラン100%で造られる白ワイン。

オーガニック認証機関である、「エコセール」に認められています。

桃や杏、マンゴーなどの甘い厚みのある香りを楽しめます。

余韻は長く、甘味、酸味、苦味のバランスが良い一本ですよ。

シュナン・ブランの奥深さを知れるワインです。

微発泡で複雑な味わい「ペティアン・レ・ピオン」

シュナン・ブラン100%で造られる、微発泡の白発泡酒。

オーガニック認証機関である「エコセール」に認められています。

レモンや洋梨、リンゴなどの爽やかさとフルーティーさと複雑さを楽しめる一本。

泡立ちも細かく、繊細で、スッキリ飲める辛口のスパークリングです。

夏場に、太陽の下でごくごくと飲みたくなるような、おいしいワインですよ。

余韻が長い深みのある「ロゼ」

味わいのところでもご紹介しましたが、ガメイ100%で造られるロゼワイン。

ライムやリンゴのような爽やかさと、イチゴやクランベリーなどの赤系の果実味を存分に楽します。

サラッとしたロゼではなく、濃厚で余韻も長い深みのある美味しい一本ですよ。

ガメイのイメージを変える、一本になるかも!

ルドヴィック・シャンソンは、白だけでなくてロゼワインも美味しい!

ルドヴィック・シャンソン ロゼ

ルドヴィック・シャンソンの中でも、特に詳しく「ロゼ」をご紹介しました。

シュナン・ブランの栽培面積が多い造り手ですが、ガメイから造られるロゼワインも最高に美味しいです。

香り、味わい、余韻どれも華やかで長く、しっかり味わえます。

抜栓してから、3日間と長い期間飲みましたが最後の最後まで美味しかったです。

ルドヴィック・シャンソンの白ワインは飲んだことあるけど、ロゼワインはまだって方はぜひ試してほしいです。

ロゼワインがお好きな方は、↓こちらの記事もおすすめですよ。

ドイツワイン|ロゼの造り方を学ぼう!おすすめワインもご紹介

ドイツワインのロゼを飲もう!

ドイツワイン|ロゼの造り方を学ぼう!おすすめワインもご紹介

2020年12月11日