ロワールで造られる白ワインのブドウ品種は?おすすめ Val de Loire / Domaine de Veilloux

フランス・ロワール地方で造られる白ワインってコスパ良くて美味しい物多いんです!!しかも、面白いブドウ品種もたくさんあるんだよ!

これ本当なんですよ。私は、美味しいロワール地方の白ワインに出会ってから探して買うくらい大好きです。そして、ブドウ品種も様々で面白い!!

でも…

白ワイン好き子
  • フランスって言ったらやっぱりシャブリでしょ!!
  • そもそもロワール地方ってどこ?
  • ブドウ品種は、シャルドネが好きなんだよね…
  • ロワール地方ってどんなブドウ品種を使ってるのか分からない…

などなど あまりロワール地方の白ワインを飲んだ事ない方や知らない方多いと思います。

 

今回は、ロワール地方の白ワインってこんなブドウ品種があるんだよ!それに、美味しくてコストパフォーマンスが良いんだよ♪って所をソムリエールYURIがご説明します。また、最近飲んで美味しかったロワール地方の白ワインをご紹介しますね。

⇩2,000円台で買える美味しいロワール白ワイン

ロワール地方の白ワインって?どんな品種なの?

長く大きなロワール地方は、造れるワインもブドウ品種も様々です。

では、どの様にワインを選べば良いのでしょうか?

まずは、ブドウ品種をヒントに考えてみましょう。

ロワール地方の主な白ワインブドウ品種は?

今回は白ワイン用のブドウ品種についてお話しますね。

ロワール地方はどこでどんなブドウ品種が造られるの?
  • ペイ・ナンテ地区・・・・・・主にミュスカデ
  • アンジュ&ソミュール地区・・シュナン・ブラン(辛口~甘口がある)
  • トゥーレーヌ地区・・・・・・ソーヴィニョン・ブラン、シュナン・ブラン
  • サントル・ニヴェルネ地区・・主にソーヴィニョン・ブラン

こんな感じです。地区の説明については次に書きますね。

でも、↑のようにブドウ品種だけ聞いてもよく分からないですよね。

簡単に言ってしまうと

  • ミュスカデは、基本酸ありサッパリ!
  • シュナン・ブランは、幅広い味わい。濃くもなるし、さっぱりにもなる!
  • ソーヴィニョン・ブランは、ハーブ系の香りが華やかで爽やか系!

造り手によっても味わいが変わるので、ベースは↑こんな感じっ考えてくれたら良いですね。

そもそもロワール地方の特徴は?

ロワール地方をイメージして何が浮かびますか?

【ロワール川】が出てきませんか?

ロワール地方は全長1,000㎞のロワール川が走ってる地方です。そして、フランス最長の川です。

この川に沿って、大きく4つの地区に分けられます。

西からペイ・ナンテ地区、アンジュ&ソミュール地区、トゥーレーヌ地区、サントル・ニヴェルネ地区と東にかけて続きます。

簡単に言うと、この地区ごとにブドウ品種や赤ワイン造ってるか造っていないか、甘口ワインを造っているかなどが細かく分かれます。

.

今回飲んだロワールの白ワインは Val de Loire / Domaine de Veilloux ブドウ品種は何?

【ヴァル・ド・ロワール Val de Loire / ドメーヌ・ド・ヴェイユー Domaine de Veilloux】は

ソーヴィニョン・ブラン100%で造られている白ワインです。

さて、どんな造り手さんで、どんなワインなんでしょうか?

造り手【Domaine de Veilloux】ってどんなワイナリー?

ドメーヌ・ド・ヴェイユー Domaine de Veillouxは、自然派の造り手さんでした。厳密に言うとビオディナミ製法で造っています。

自然酵母で発酵させ、セメントタンクで造り熟成させています。だから、樽の香りは無くブドウ本来の香りがしっかり出ているワインになります。

インポーターさんのサイトを拝見したのですが、

生産者のモットーという所に【品質のすぐれた、コストパフォーマンスの高いビオワインを合理的につくり出すこと】と書いてあり凄く感動しました。コスパ高いビオを造ろうっていう思いが伝わってきますね。カッコいいですよね。

白ワインの他に、⇩赤ワインも手掛けていてそれも今気になってます!買っちゃおうかなって思ってます★

【Val de Loire / Domaine de Veilloux】を飲んだ感想

今回飲んだのは2017年ヴィンテージでした。

テイスティングコメント

色合いは濃いめのレモンイエロー

しっかり冷やすとスッキリ飲めミネラル感があるが、香りが若干取りずらい。温度を上げると、甘みが増しマスカットのような味を感じることが出来る。

キンキンじゃなく、少し温度を上げた方がまろやかな酸味と、しっかりとしたコク、余韻に渋みも感じることが出来る。

時間が経つにつれて、ハチミツのニュアンスも感じられフルーティーな甘みも出てくる

主な香りは、ハーブ、白いお花、グレープフルーツ、ややハチミツ、青りんごなど

ソーヴィニョン・ブラン独特の青っぽい草っぽい香りは、そこまで強くなく程良く感じられる。

こんな感じでした。一言で言うと

『フレッシュで爽やかな味わいの中に、時間が経つとマスカットやハチミツの様な甘みを感じる。ゆっくり飲みたい爽やか系白ワイン』

酸味とフルーティーさのバランスがとても良かったです!!

Val de Loireとマリアージュさせたチーズは?

今回は、熟成ゴーダと若い熟成ゴーダを合わせました。

これがとっても合う!クセは無いのに、旨味が凄い凝縮していて美味しい。まず、熟成したゴーダチーズを食べた事がない方はチャレンジしてもらいたい。

ゴーダチーズのイメージが180度変わります!!

今回は、基本的にさっぱりしたワインだったので濃厚な味わいの熟成ゴーダがとても合いました。

爽やか(ワイン)+濃厚(チーズ)=絶妙なバランスのマリアージュ★

美味しいロワール白ワインはソーヴィニョン・ブラン(品種)だけじゃない

『美味しいロワール白ワインはソーヴィニョン・ブラン(品種)だけじゃない!!』

そりゃそうですよね。

ロワール地方も白ワインのブドウ品種たくさん造ってます。

特に私がオススメなのは【シュナン・ブラン】

今回は、ソーヴィニョン・ブランのお話をしました。また別の機会にシュナン・ブランやミュスカデのお話も出来ればと思います☆

でも、ロワール地方のソーヴィニョン・ブランって場所が少し変わるだけで味や香りが激変のが不思議だし楽しい、面白い。

是非、みなさんもロワール地方の白ワインにハマってみて下さい。

⇩こちらの記事もオススメです★

元祖 自然派ワインの造り手【NICOLAS JOLY / 二コラ・ジョリー】を飲んだ感動した話&感想

2019年9月6日