実は身近なチーズ『パルミジャーノ・レッジャーノ』の魅力とソムリエールYURI流 ワインと料理の合わせ方

今回も、チーズのお話。

パルミジャーノ・レッジャーノはご存知ですか?イタリアンが好きな方やチーズ、ワイン好きの方は食べた事ある方が多いと思います。

今回は、その身近なチーズ『パルミジャーノ・レッジャーノ』について知ってみましょう!!

実は出会っていた『パルミジャーノ・レッジャーノ』

プロフィール記事にも書きましたが、学生時代イタリアンレストランで働いていました。パスタ、ピザ、ラザニアなど様々なチーズを使った料理が作られていました。

お客さんとしてお店に行くと、チーズ好きの私の為にチーズたっぷりの美味しい料理をたくさんふるまってくれていたのを思い出します。パスタ、ピザ、リゾット、メインのお肉料理にまでチーズが乗っていた覚えがあります。

後々気付くのですが…実は、そのお店で使っていたチーズが『パルミジャーノ・レッジャーノ」でした。

そりゃ、美味しいはずですよね。

『パルミジャーノ・レッジャーノ』とは、どんなチーズなの?

▲これがまさにパルミジャーノ・レッジャーノをカットした部分です。

カットしていない丸ごと一個だと 直径45㎝ 重さ約40kg

とっても大きくて重いんです。

原料は、牛乳から作られ、ハードタイプのチーズに分類されます。

最近だとレストランで、パルミジャーノ・レッジャーノの真ん中をくりぬいて中にアツアツのパスタを入れてあえて完成させるパスタもありますよね。

想像するだけで美味しいそうですね。

『パルミジャーノ・レッジャーノ』はどこで作られているの?

『パルミジャーノ・レッジャーノ』は、イタリア北部エミリア・ロマーニャ州を中心として作られています。▲上の地図辺りです。

ちなみにエミリア・ロマーニャ州では、パルマ産生ハムやボロネーゼ(ミートソース)も有名です。

そして、イタリアにもチーズの法律や規定があります。

パルミジャーノ・レッジャーノは、最低12ヶ月、長いものでは4年熟成なんてものもあります。長期熟成がこのチーズの特徴ですね!!

【ここで一つ注意点】パルメザンチーズとパルミジャーノ・レッジャーノは全くの別物なのです!

知ってましたか?私は、チーズ検定の勉強をするまで知りませんでした…

パルメザンチーズは、アメリカやオーストラリアなどで作られるパルミジャーノ・レッジャーノの製法や風味を真似して作られたものなのです。味わいは似てるかもしれませんが、全くの別物なので購入する際は気を付けてくださいね。

どんな味?どんな香り?

《パルミジャーノ・レッジャーノの味わい》

「コクと旨味がぎっしり詰まった濃厚な味わい」最低でも12ヶ月熟成しているので、あっさりしたシンプルなチーズと言うよりは『コクと旨味』を味わうイメージです。熟成期間が長ければ長いほど、アミノ酸のジャリジャリ感が増して美味しいです。目にも結晶として見えますよ!そして、塩分は少し強めなのでお酒のおつまみにピッタリなのです。

《パルミジャーノ・レッジャーノの香り》

濃縮されたミルクの香りが食べた瞬間に香ります。チーズそのものは、独特なクセのある香りは強くありません。食べている時の鼻から抜けるパルミジャーノ・レッジャーノの旨味の香りを味わってほしいです。

.

パルミジャーノ・レッジャーノの食べ方

パルミジャーノ・レッジャーノの[切り方]

  • 薄くスライスする。
  • サイコロ状に切る、または専用ナイフでかち割る。(私は、専用ナイフを持っていなかったのでスプーンやフォークでかち割り風にして食べていました。)
  • ▲写真のように、粗めにすりおろす。(パスタやサラダなどにかけたりします。)

※切り方によって、チーズの味わいの感じ方が全然変わります。

  • アミノ酸ジャリジャリ感を感じたい方は⇒かち割りorサイコロ状が特にオススメ!!
  • 少しずつじっくり食べたい方は⇒薄くスライスがオススメ

ソムリエールYURIのオススメ食べ方は、お皿に2種類のカットしたパルミジャーノ・レッジャーノを用意して食べ比べる!です。どっちの方が好きとかみんなでワイワイ言いながら食べるとまた面白いですよ。

パルミジャーノ・レッジャーノに合う[食材とマリアージュ]

食材と言うよりは、調味料なのですが。

  • バルサミコ酢(薄くスライスして数滴バルサミコ酢を垂らして食べると絶品!)
  • 粗めのブラックペッパー、ピンクペッパー(アミノ酸のジャリジャリ感とペッパーの爽やかな辛さが相性抜群!)

私がパルミジャーノ・レッジャーノを食べる時は、小皿にバルサミコ酢とペッパーをそれぞれ出しておき、各自自分で好きなようにアレンジ出来るようにしています。

パルミジャーノ・レッジャーノと合う[ワインとマリアージュ]

やはりオススメは、イタリアワインと合わせる事です。

  • 赤ワインなら、2,000円台~3,500円前後のイタリア北部の「サンジョベーゼ(ブドウ品種)」がオススメ!

高い良いワインだと、ワインのコクがパルミジャーノ・レッジャーノの旨味を弱めてしまう恐れがあります。このくらいの価格だと、さっぱり系も多いと思います。サンジョベーゼは、果実味と程良い酸味のバランスが良い所も特徴として上げられるのでそこがパルミジャーノ・レッジャーノにバッチリ合います。

  • 白ワインなら「トレッビアーノ(ブドウ品種)」がオススメ!(このブドウ品種は、そんなに高いワインを造っていないので価格は2,000円前後くらいで買えると思います。)

トレッビアーノは、クセがなくさらっとした味わいのブドウです。なので、パルミジャーノ・レッジャーノをしっかり味わいたい方はオススメです。

  • ちょっと変わり種:パルミジャーノ・レッジャーノが作られているエミリア・ロマーニャ州では、赤の微発泡ワインが造られています。ワイン名は「ランブルスコ」甘口~辛口までありますが、パルミジャーノ・レッジャーノに合わせてみるのも良いと思います。意外に合います。

また、ワインショップで購入する際は「パルミジャーノ・レッジャーノと飲みたいのですが、どんなワインが合いますか?」と聞いてみるのも新たな発見があって面白いと思いますよ。ぜひ、試してみてください。

最後に…

今回記事を書いていて、チーズは改めて凄い食材だなと感じました。そのまま食べても美味しい、熟成させるとなお美味しい、料理に使ってさらに料理が美味しくなる!相乗効果ってこういう事ですよね。

実は先日ボロネーゼを作りました。カルボナーラを作ったときに余って残っていたパルミジャーノ・レッジャーノを使って。普通レストランなら最後にパスタの上にすりおろしますが。すりおろし器を出すのがめんどくさかったので、薄くスライスしてバラバラとパスタの上にパルミジャーノ・レッジャーノをちぎって乗せて食べました。すると、すりおろすより断然美味しかったのです!!!しっかりアミノ酸のジャリジャリ感も感じられ、パスタにも溶けることなく存在感を出してきて…「これ美味しい!!」と何度も言ってしました。自画自賛です(笑)

めんどくさかっただけなのですが…日々チャレンジと発見の連続ですね。

みなさんも、レストランで何気なく食べているチーズがパルミジャーノ・レッジャーノかもしれません。パスタやピザの脇役かもしれませんが、パルミジャーノ・レッジャーノを少し主役寄りにしてあげて、アミノ酸のジャリジャリ感を感じて味わってみてください。みなさんも新たな発見があるかもしれませんよ。最近では、スーパーでも買えるチーズにもなってます。ぜひ、気軽にチーズライフを楽しんで下さいねー。